ケチャップに心を奪われる

これから一生食べられないとしたら、
野菜、果物、肉、魚介類のうち、
どれだったら我慢できるか?

ももさんは、時々そんなことを考えることがある。
でも、答は、はじめから決まっている。
どれもみんな大好きだけれども、
野菜と果物、魚を食べられないのは無理、
肉だったらまだ我慢できる、と思う。

季節ごとに、旬の野菜や果物を買ってきて、
家で食べる時間ほど、至福の時はない。
去年の夏から秋にかけては、毎日、桃を食べていたし、
鯛のカルパッチョや牡蠣やいか、海老を使ったパスタとか、
それら魚介を自宅で調理して食べる喜びは、
何にも代えがたい。

ももさんが、定期的に通っているのが
大府市のJAあぐりタウンげんきの郷。
ここは名古屋市内では手に入らない
新鮮な野菜や果物がたくさんあるからだ。
広い空間に
野菜や果物がずらっと並んでいる姿を眺めると、
心が躍る。

ももさんにとって、ここ、げんきの郷をはじめ、
野菜、果物、魚、肉を販売しているスーパーは、
どんな洋服やジュエリーの店よりも
ずっと、ずっとわくわくする大好きな場所だ。

この日は、いちぢく、生のにんにく、
それから、ここに来たら必ず買うケチャップを購入した。
このケチャップは一気にひと瓶を使い切ってしまうほど、
心を奪われている。
実際、帰ってから、ご飯を三合炊いてオムライスをつくった。
そして、このケチャップをひと瓶使って、
三合のオムライスが魔法のように消えた。

ももさんは、
ふた瓶、買っておいてよかった
と、心から思った。

よかったらシェアしてね!
目次